にんにくオイルの作り方。結構簡単に作れるしおすすめです。

 

 

今日はにんにくオイルのつくり方をやっみたいと思います。にんにくオイルとはどんなものかと言いますと、これがうちでつくってるやつなんですけどにんにくのみじん切りとオイルですね、オイルの部分と実の部分とありますがこれを自分でつくっています。これをつくっておくといろんな料理に、パスタにペペロンチーノとかだったらにんにくのみじん切りの部分だけフライパンに入れる事が出来るし、オイルの部分だけすくってパンに塗ったりと出来ますので色んな使い方が出来ます。お店でもつかえるしもちろん家庭でもつかえる。
さあ、どうやってつくっていくかといいますと、にんにくの皮を剥くんですけど、皮の切りやすい方法はこのようにお水につけて皮をふやかしておきますと非常にとぅるっとめくれます。濡れているので手のひらにあまり香りがつかないんですね。べとべとしない。つるっとめくれます。非常に簡単でべとべとしなくていいですね。でそれを既に剥いたものがここに出来上がってありますけどもそれをヘタとって、半分とかに、中のにんにくの芽が育ってたらあれですけど、ほとんどないのでこれはこのまま入れます。これをフードプロセッサーでブイーーっとやるわけですけど、このままだともうべっとべとになって回らない、なのでここに直接オイルを入れておきます。普通のオリーブオイル、被るぐらいですかねー。あまり多く入れすぎるとフードプロセッサーが回りにくいので軽く被るぐらいにして、それで回していきます。ちょっと音が鳴ります。
手作業でやると凄く大変なんで。ちょっとオイルが少ないので足します。家庭用のフードプロセッサーなのでそんな高いものをあえて使う必要はないです。
はい、こんな感じですね。これを容器に移しておしまいとなりますが、私の場合はこのようなステンレスのボウルのようなものにこうやって移して後はラップをして冷蔵庫に保存しておけばOKです。